ホームカラーで髪が傷むのはなぜ?ホームカラーによる傷みを軽減するには

2022-03-14

カテゴリー:

 

 

 

ホームカラーを頻繁にする人のなかには、髪の傷みに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

気軽にヘアカラーのカラーリングを楽しめるホームカラーですが、髪が傷む原因を把握していなければ髪や頭皮トラブルを招く恐れがあります。

 

ホームカラーをする際には影響を理解した上で、傷みを軽減することが重要です。

 

今回はホームカラーで髪が傷む原因、傷みを軽減する方法について解説します。

 

 

 

 

ホームカラーで髪が傷む原因

市販で購入できる泡カラーは誰でもカラーリングできるようになっているので、強い薬剤が使われていることが多いです。

 

酸化染料や界面活性剤、過酸化水素、アルカリ剤などの成分でカラーリングしやすくなっていることで薬剤による影響が大きく、髪を傷めやすくなっています。

 

 

 

ホームカラーの影響とは

ホームカラーで髪が傷む原因を理解したところで、髪の傷み以外の影響について気になりますよね。ホームカラーの影響は主に3つあります。

 

  • 思い通りの色にならない
  • アレルギー
  • 髪へのダメージ

 

それぞれ説明しますね。

 

思い通りの色にならない

薬剤成分が強いホームカラーは髪色が明るくなりすぎ、色ムラが出ることもあります。

 

髪質は人によって異なるので、ホームカラーでは思い通りの色にならないこともあるでしょう。

 

 

 

アレルギー

ホームカラーにはジアミンを主成分とするアルカリ剤が配合されていることが多く、アレルギー反応によって、ジアミンアレルギーやアルカリアレルギーが発症する人もいます。

 

これらのアレルギー反応により、頭皮の炎症を引き起こし頭皮トラブルの原因になることもありますよ。

 

 

 

髪へのダメージ

薬剤成分が強いホームカラーを繰り返し使用することで髪にダメージを与えてしまい、髪が縮れてビビる原因となります。

 

髪のダメージが蓄積された状態でのホームカラーは、髪がさらに傷みやすくなりますよ。

 

 

 

 

ホームカラーの傷みを軽減するには

ホームカラーの傷みに悩んでいるのであれば、当サロンにご相談ください。

 

当サロンではトリートメントに「レヴィッシュ アイラ」を使用するエンジェルトリートメントであり、傷んだ髪内部に毛髪補修成分と保湿成分を浸透させることが可能です。

 

傷みによってハリ・コシが弱くなった髪に効果的であり、ホームカラーによるダメージを軽減することができます。

 

ホームカラーで傷んだ髪を補修し健康的な髪にすることができるので、ホームカラーの傷みに悩んでいる人におすすめです。

 

ホームカラーの傷みを軽減したいのであれば、当サロンのエンジェルトリートメントを試してみることをおすすめしますよ。

おすすめ記事